FC2ブログ
 自由気ままな人生に憧れをもつ管理人の、徒然なるラクガキ帳。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ミニFM in Summer 2009


 
さあさあ!

たまには真面目に部活のことも書かなきゃね!

ってかこの時間から何書いてんだって話よね!wwww
明日1限なのになぁ…ww ←



タイトルにもありますように。

6月30日より、毎年恒例のミニFMラジオをやっちゃいます!

時間は7時から!

パーソナリティも去年とはペアが変わって1年生も入って面白いよ☆


6月30日の夜7時に!
FM 85.6 MHzに合わせてみると何かが起こるかも?ww

もう一度。


F M !

8 5 . 6 MHz !


東口あたりの方は届かないかもしれませんが、北口方面はけっこう聞こえるので要ちぇけらっ♪

特に寮生は狙い目よんw


勉強のお供に!
暇潰しのお供に!
豪華賞品狙いに! ←


個性豊かな11人のパーソナリティがお送りする、琉球大学放送クラブプレゼンツ

「ミニFM in Summer 2009」

6月30日(火)よりオンエア!


お楽しみに!!







ふぅ。

なんかホンモノの宣伝っぽくない?ww

かなり自己満足w
 




いきなり暗くなるっていうww






―石を探して三千里―





少女は石を見つけました。

何がきっかけだったのか、今となっては思い出せません。
ただ、あの頃は今と違って何一つ分かってなかったことだけは覚えています。

その石は、他の人から見れば変な風に見えたかもしれません。

でも、その少女にとっては、その石はキラキラと光って見えました。


ある日。
少女は、心のモヤモヤが溜まった状態で、ふと、石を飲み込んでみました。

心のモヤモヤは無くなりました。


石は、沸騰を抑える沸騰石だったのです。


それ以来、心の中の何かが沸騰しそうになると、少女はその石を飲み込みました。

だんだん、飲み込む石の大きさが大きくなっていきました。

つらいときはいつも飲み込みました。

その石は、まるで意思を持つかのように優しく易しく抑えてくれました。


そのうち、少女は近場で取れる石の大きさでは足りなくなってしまいました。


そしてついに。
石を求めて、福岡まで行きました。

そこで見た石は、今までとは比べものにならないほど輝いていました。

嬉しくて、嬉しくて、涙が出そうになってしまいました。


持って帰ってきた思い出と石は、少女の心をほぼ埋め尽くすほど大きいものでした。



今。

少女の心は、90%が石に飲み込まれてしまいました。

あれから2か月以上は経ったのに、未だに90%も残っています。



少女は、更なる大きさと輝きの石を求めて、東京に行きたいと思うようになりました。



キラキラ光る、綺麗な石。

いつだって、自分を夢中にさせてくれる、眩しい石。

いつだって、自分を抑えてくれる、優しい石。



だから、少女は気付きませんでした。

沸騰は抑えられていても、注ぎ込まれた水は、すでに溢れんばかりになっていることを。



石は沸騰を抑えるだけで、注がれる水を止めることは出来なかったのです。


水は、ゆっくりと、しかし着実に注がれていきます。

まるで止め忘れた水道のしずくのように、しかししっかりと。

ぴちゃん、

と音が鳴ります。


それに気付かない少女は、ひたすら石を飲み込みます。


きっと大丈夫と信じて。


石は、意思を持って優しく易しく包んでくれます。



いつか、溢れるときが来たとしても。

きっとどうにかなる。

…器さえ、壊れなければ。



さあ。

次はどこへ行こう?




どこまでも。
向こうまでも。



おしまい。

スポンサーサイト







2009⁄06⁄12 04:07 カテゴリー:活動紹介 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2018 ネコ的生活。. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。